ドンちゃん、おとことしてのきょうじ の巻
d0086676_1341788.jpg

またもやおひさしゅうございます。
らいねんからまめに更新すると母が申しましたが
わたくしまったく信用しておりません。
黒いべ―スに茶色の差し色、ご存知タイガーブリンドル、
コルレオーネ亭ドンちゃんでございます。

って全然うまいこといえてないけど
このくらいが犬の限界です。

さて、先日わたくし、でっかい黒い犬に吠えられました。
あいつはでかい図体なのに怖がりなのだなと思って、耐えました。
ちょっとだけ「グルルル」と言ってしまいましたが、耐えました。
でっかい黒い犬を連れていたおじさんに褒められました。

でも耐えてる最中、力が入りすぎていたらしく
小さいウン・コルレオーネがはみ出てたと母から聞きました。
その時は既に当日分のウン・コルレオーネとは決別後だったので
悪い冗談だと思うんですが…。

でも俺、次にあいつに会ってもまた一応あいさつしてやるんです。
俺はそういうでっかい男です。忘れっぽいわけではないのです。

じゃあまた!
[PR]
by godbull212 | 2008-12-22 01:46 | わんぱくドンちゃん
<< ドンちゃんの「明日は鏡開き」の巻 ドンちゃんのふゆのげんきなごあ... >>



ドン・コルレオーネ ♂  2006・2・12
by godbull212
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31